誰でも発症する恐れがあるうつ病|知識と理解を高めていこう

レディ

治療で確認したいポイント

ナース

うつ病は1度発症してしまうと辛くて苦しい症状がずっと続いていくイメージがありますが、しっかりと治療をしていくことで改善に向かっていきます。中にはうつ病を患って治療を受けて、社会復帰した人たちもたくさんいますよ。そこで、うつ病の治療に関しても理解していくと良いでしょう。まず、うつ病の治療の前に把握しておきたい点として、治療は基本的に時間がかかるという点です。加えて、症状の回復と悪化を繰り返しながら良くなっていくでしょう。なお、うつ症状が見られなくなっても再発防止のために治療を続ける必要もあります。うつ病の治療は主に急性期と回復期、再発防止期の3種類に分かれています。この時期によって治療方法や抗うつ剤の種類、服用方法などが異なっていきます。そのため、うつ病患者や家族がきちんと治療について理解をして、対応していくことが重要となっているでしょう。

うつ病の治療を円滑に進めるにあたって色々と注意点があります。少しでも早く回復に向かいたい、これ以上症状を悪化させたくないと思っている場合はぜひ確認することです。うつ病の治療の際に注意したいのが、抗うつ剤などの薬は必ず医師の言うことを守って服用することです。抗うつ剤の効果が現れるまで遅くても1~2週間はかかると言われています。効果が出ないうちに薬による副作用は発生してしまうため、苦しい思いをしてしまうでしょう。そこで、抗うつ剤の服用を勝手にやめてしまうことは駄目です。また、症状が良くなったからと言って服用をやめるのも危険になります。自分の判断で抗うつ剤の服用を止めてしまうと、のちに症状が悪化する恐れがあるので絶対にやめましょう。もし抗うつ剤の服用に関して気になることがあれば、医師に相談することが大事になります。次に注意してほしい点にアルコールの摂取になります。アルコールはセロトニンの分泌を減少させてしまう働きを持っているため、よりうつ症状を引き起こしてしまう可能性があります。また、うつ症状が出ているときにアルコールを摂取してしまうと、深く思い詰めてしまったり自分自身を傷つけたりする恐れもあります。そういったことから、アルコールの摂取は基本的に控えていきましょう。

うつ病の回復のためには毎日3食バランスの良い食事を摂取することが大事です。栄養をしっかりと摂ることによって不足していたエネルギーが補えるでしょう。また、セロトニンの分泌をサポートしてくれる栄養素を積極的に摂ることがおすすめです。このようにうつ病の治療に関して注意点をきちんと守っていき、回復のために取り組んだ方が良いことを積極的に実施することで症状が良くなりますよ。