誰でも発症する恐れがあるうつ病|知識と理解を高めていこう

レディ

若者に多い新型うつ病

カウンセリング

現在では色々なうつ病が登場しており、その中でも「新型うつ病」と呼ばれるものが注目を集めています。厳しい労働環境や人間関係などが原因で若い世代ではコミュニケーション能力不足が問題となっており、それが新しいタイプのうつ病となっているのです。以前まではうつ病と言えば30~50代の男性が発症することが多い病気として知られていましたが、この新型うつ病では20代に多く発症しているのが特徴です。中でも女性の方が発症しやすくなっています。そんな新型うつ病について、詳しく見てみましょう。

新型うつ病では急な抑うつ気分が襲ってくることがあります。抑うつとは気分の落ち込みのことで、短時間で気分が激しく変わることがあるでしょう。ですが、新型うつ病の場合はずっと抑うつ気分が続くのではなくて簡単に元の気分に戻る傾向が高いです。次に傷つきやすいという点も持っています。大体の人は叱られたり中傷されたりすると落ち込むことがありますよね。新型うつ病では、その落ち込みレベルがとても強くなっています。なので、何気ない一言でも深くとらえてしまい、傷つくといったようなことが多く発生してしまうでしょう。また、好きなことは出来るが嫌なことは出来なくなるという特徴も持っています。意図的にそうしているわけではなく、嫌なことを目の前にするとどうしても気分や体調が優れなくなってしまいます。このような特徴を抱えている新型うつ病の患者は多くいます。これらの特徴を持っていることから新型うつ病のイメージは「甘え」などと持たれるでしょう。なお、新型うつ病は性格や家庭環境などが原因で発症すると考えられています。何かしらの原因があって発症するわけですから、しっかりと理解を持って向き合う問題と言えます。通常のうつ病とは異なるということを把握して、新型うつ病を理解していきましょう。

そんな新型うつ病ですが、対策法としてまずは自分自身をきちんと知ることが大事とされています。新型うつ病では極度のネガティブ思考になったり、人の目を異常に気にしたりすることが多いです。自分が抱えている悩みを誰かに相談することが重要でしょう。また、新型うつ病を放置していると最終的にうつ病に発展してしまうケースもあります。そのため、早い段階から治療を開始していきましょう。